ウェブエンジニアのための英語勉強ガイド

気楽に、英語に触れよう。英語のドキュメントを読んでいこう。

勉強は動機付けがすべて

2010年11月26日(金)

壁の近くをうろうろする

筆者はいままで英語教材をたくさん買ってきた。ある有名な通信販売も手をだしたし、英語教材を専門でだしている出版社の本も買ってきた。すべて挫折で終わっている。長続きしないのである。

勉強が続くかどうかのキーワードは動機付けである。動機付けが弱いと勉強は続かない。勉強すると何度も壁にぶちあたる。厚い壁だと、長い期間壁の近くをうろうろすることになる。動機付けが弱い場合、その壁の近くをうろうろすること=結果がすぐにでないことに耐えられなくなるのだ。能力しだいだが、まずは結果をもとめないほうがよい。

ウェブプログラマーは英語が読めないと仕事にならない職業

前回のエントリーでしつこく書いたようにオープンソース技術を使ったウェブプログラマーは自分で英語のドキュメントを読んで、勉強する必要がある。日本語で読めるのを待っていては遅すぎるし、マイナーな分野ほど日本語のドキュメントはない。

これをラッキーと考えようではないか。筆者もそうだったが、過去の英語勉強の挫折をひきづっている人が多い。話す、聴くはハードルが高いが、技術書を読むだけだったらなんとかなる。英語の技術書が読めないと生き残れないという覚悟が強い動機付けをうむ。

ある著名なクリエイターは英語で情報をとっている

ある著名なFlasherは英語で海外のFlashのメーリングリストで直接情報交換をしていることをしった。才能の問題もあるが、このまま日本語の情報だけで勉強しても追いつかないとおもった。その後、いろいろな現場を経験して痛感したことは、プログラマーも高い技術をもった人に共通しているのは英語力があることだ。

エンジニアであれば誰もが高いステップにいきたいと願うだろう。そのためには英語を道具としてつかえるようにしなければならない。

↑このページの上に戻る