ウェブエンジニアのための英語勉強ガイド

気楽に、英語に触れよう。英語のドキュメントを読んでいこう。

エラーメッセージとAPIリファレンスで、業務時間の中で、毎日英語に触れよう

2014年08月03日(日)

英語の勉強をするときに、一番やってはいけないのは英語の教材を使うことである。Webプログラマーの方であれば、教材をわざわざ買う必要がない。また、わざわざ勉強時間を作る必要もない。日々の業務時間の中で、自然と英語力を鍛えることが可能だ。

例えば、PHPをつかって何かをつくるときエラーメッセージがでる。このとき、でてきた英語のエラーメッセージは、逃げずに、読んで意味を把握しておきたい。PHPの関数を調べる時も、英語のAPIリファレンスを最初に目をとおす習慣にしておく。最初はすらすらとは読めないとおもう。それでも、語彙力がついてくるとスピードもあがってくる。

幸い、エラーメッセージもAPIリファレンスも英文の構造はシンプルである。大学入試ででてくるような複雑な構文はまずでてこない。中学校くらいの英文法の知識で十分である。最初は語彙力の少なさで辞書を引く回数はどうしても多くなるだろう。これを毎日の習慣にしながら、別途、洋書や英語のドキュメントを読む時間を、毎日1時間くらいは作れれば理想である。

PHPやJavaScriptであれば、フレームワーク関連の本は、洋書でしか読めないものが多い。最近、Appleから発表されたスクリプト言語Swiftも洋書だと、すでに『Programming in Swift 』のような500ページを超える本格的な本がでている。洋書を読むと、入門書が多い和書とは違い、濃い本が多いことに気づくだろう。英語圏は読者が多いため、中級者、上級者向けの本も探しやすい。

Webプログラマーにとって、英語を勉強するというよりは、毎日、英語に触れるのが一番の勉強法である。

↑このページの上に戻る